レビュー, 小説

「どこにでもあるクソ人生でも、ホトケにとっちゃ、たった一度の人生だったって
ことだ。手を抜くんじゃねえ。検視で拾えるものは根こそぎ拾ってやれ」

臨場とは、警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。 ...

レビュー, 一般書

新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3000億円の出資を受けた三洋電機。その後、携帯電話、デジカメ、白物家電、信販とい ...

レビュー, 一般書

今回は統計について扱った書籍『ヤバい統計学』を紹介。
似たようなタイトルで『ヤバい経済学』という本がありますが、あちらの原題は『Freakonomics』、こっちは『NUMBERS RULE YOUR WORLD』で全然違いま ...

レビュー, 漫画

この漫画を初めて読んだのは結構前なんですが、この度アニメ化するということで紹介します。

中学生が深夜労働したりするシーンがあったりするのでアニメ化出来なかったりするのかななんて思ってましたが特に関係ないみたいですね。まあギ ...

レビュー, 漫画

今日紹介するのは人気ギャンブル漫画『カイジ』シリーズのスピンオフ、『一日外出録ハンチョウ』。
『カイジ』のスピンオフとしては既に『中間管理録トネガワ』が人気となっていますが、その第二弾ということになります。

内容

地 ...

レビュー, 一般書

監督として多くの栄光を勝ち取ったカルロ・アンチェロッティが監督としてのキャリアを振り返った本です。
完全戦術論と銘打ってはいますが、戦術的な部分はあくまで本の一部で内容的には戦記とでも言った方が近いかと思います。
ユヴ ...

レビュー, 一般書

先日ブックオフでたまたま見つけたので購入しました。
言わずと知れた久保建英君の父久保健史氏の著書です。
主に久保君がどういった過程を経てバルセロナに入団したかが書かれています。
この本が出版された当時はまだ久保 ...

レビュー

今日は最近読んだノンフィクション本について。
本書は一般にあまり知られていない精神科救急について書かれた密着ルポです。
精神科救急というのは、精神疾患によって自傷他害、つまり自殺など自分を傷付けたり他人に暴力をふるった ...

レビュー, 小説

今回は海外小説、『わたしを離さないで』について。
2010年に映画化され、昨年には日本でもドラマ化されたような有名作品なので改めて紹介するまでもないかも知れませんが、せっかく読んだので。

 

...

レビュー, 漫画

月刊少年マガジンで連載中、先日アニメの放送も始まった人気ダンス漫画『ボールルームへようこそ』。
この漫画は雑誌の方で時々読んではいて存在は知っていたのですが、ちゃんと最初から通しては読んでいませんでした。
それがアニメ ...