レビュー, 小説

流刑惑星トリーズンで不死身として恐れられ、近隣各国をつぎつぎと征服しているミューラー人――。遺伝子学者の末裔であるかれらは遺伝子操作で驚異的な再生能力を得ていたのだ。だが、その能力に異常をきたしたミューラー国の王子ラニックの胸が、ふく ...

レビュー, 小説

「どこにでもあるクソ人生でも、ホトケにとっちゃ、たった一度の人生だったって
ことだ。手を抜くんじゃねえ。検視で拾えるものは根こそぎ拾ってやれ」

臨場とは、警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。 ...

レビュー, 小説

今回は海外小説、『わたしを離さないで』について。
2010年に映画化され、昨年には日本でもドラマ化されたような有名作品なので改めて紹介するまでもないかも知れませんが、せっかく読んだので。

 

...

レビュー, 小説

『闇に香る嘘』は第60回江戸川乱歩賞受賞作で、下村敦史氏のデビュー作です。

「週刊文春ミステリーベスト10」で2位、「このミステリーがすごい!」で3位を獲得しました。

今回はその内容の紹介と感想を書いていきます ...

レビュー, 小説

こんにちは。
今日は漫画のレビューです。
この漫画は結構前から読んでいるのですが、なんとこの度実写映画化が決まったということで、レビューを書くことにしました。

内容

およそこの世のものとは思えぬ醜悪な容姿を持 ...

レビュー, 小説

No Image

今日はおすすめの小説を一冊紹介します。
山田宗樹先生の歴史改変SF『百年法』です。
山田宗樹氏は映像化もされた『嫌われ松子の一生』で有名な作家ですね。
あれは現実的な世界での女性主人公を中心にしたミステリーでし ...

レビュー, 小説

No Image

今日は小説の紹介です。
『催眠』や『千里眼』、『万能鑑定士Q』、『探偵の探偵』など多くの作品が実写化された松岡圭祐氏の新シリーズ(既刊6巻)です。
松岡佳祐氏の作品は結構読んでますが、今回も松岡作品の魅力が十分に発揮さ ...

レビュー, 小説

No Image

今回は書評記事を書いてみようと思います。
割と本を読むのは好きなので、今後もちょくちょくおすすめの本を紹介できたらなと思います。
なにぶん今まで書評の類は書いたことがないので読みにくい文になっていたらすみません。