久保建英、レアルマドリードでのプレシーズンまとめと今後の展望

Embed from Getty Images

久保建英がレアルマドリードに移籍して約1ヶ月が経ちました。
その間に当初の報道通り北米ツアーに参加、その後ドイツのアウディカップにも帯同し、トップチームとトレーニングとプレシーズンマッチをこなしました。
既にチームはマドリードへと帰還しており、8日に南野拓実の所属するレッドブルザルツブルクと練習試合を行い、シーズン開幕を迎える予定です。

スポンサーリンク

ここでレアルに合流しての久保のプレーについてまとめ、今後の展望を占いたいと思います。

プレシーズンまとめ

練習

移籍公表前からの報道通りトップチームの北米遠征に帯同。
練習の中で見事なターンからのベンゼマへのアシストや巧みなドリブルからゴールを決める等優れたプレーを見せ、レアルのコーチ陣が『思ったよりもトップチームに近い』と驚いたという報道がなされました。

vsバイエルン・ミュンヘン

練習試合ではあるものの、レアルトップチームでのデビューとなりました。
インサイドハーフの位置に入った久保はドイツの強豪相手にも臆することなくプレーし、ヴィニシウスにアシスト未遂をするなどファンに好印象を与えました。

vsアトレティコ・マドリード

アーセナル戦は出場機会がなく、この日は両チーム退場者を出す中、モドリッチに代わってセントラルMFとして途中出場。
この日はレアルが前半だけで5失点する劣勢で、尚且つ不慣れなポジションでの出場ということもあってか久保は精彩を欠きました。
縦パスがカットされ、タックルをかわされ失点のきっかけになるシーンも。
それでも試合終盤、得点に繋がる強烈なシュートを放ち爪痕を残します。

vsトッテナム・ホットスパー 

アメリカを離れ、ドイツのアウディカップに参加。
この日は10分と短い出場時間ながら3本のシュートを放ち、ファン投票でケイラ-・ナバスに次ぐ2位の高評価を得ました。

vsフェネルバフチェ

この日も久保は活躍。
両チーム複数選手が交代してインテンシティの下がった時間帯だったものの、特にモドリッチと優れた連携を見せ、何度もチャンスを演出しました。

vsアルコルコン

カスティージャでの2部所属アルコルコン戦。
カスティージャでのデビューとなりましたが、チームに合流してすぐの試合だったせいか、いまいちゲームに入りきれず。
ミスも多く本来のプレーを発揮出来ませんでした。

vsレオネサ

カスティージャでの2試合目、3部所属Cultural Leonesa戦。
チームにも慣れたのか、敗戦の中ドリブルやパスで光るプレーを何度も見せます。次への課題はゴールに絡むこと。

以上がプレシーズンでの久保のプレーのまとめです。
Jリーグでのプレーを見ていたファンからすると、相手のレベルの差があるとはいえもっとやれるはずと感じますが、それでもここまでのプレーでスペインのメディアやファンを大きく驚かせた様子。

ファン投票によるプレシーズン評価では久保がトップになっています。もちろん無名の日本人ということで期待値が低かったということも大きいでしょうが、スペインのファンやメディア、コーチ陣に十分なアピールが出来たと言えるでしょう。

久保建英がなんと最高評価に!サポーターによるプレシーズンの採点結果を地元紙が公表

向こうでの反響もかなり大きくなっており、トップチームか他の1部クラブへレンタルすべきという意見が多いようです。
監督のジダンは久保の今後についてトップチームの練習に参加しながらカスティージャでプレーするのがいいと考えていると話しており、ファンはそれに対して不満の声を上げています。

今後の展望

現状久保の選択肢はカスティージャでプレーするか、レンタルで他の1部所属クラブでプレーするかの二つなわけですが、果たしてどちらがいいのか。
個人的にはまず冬の移籍ウインドウまではカスティージャでプレーするのがいいんじゃないかと思います。
当然3部は1部と比べレベルは落ちますが、3部特有の厳しい環境や激しいチャージから学べることはあるんじゃないかと思います。ファンやメディアの期待は大きくなっていますが、プレシーズンでレアルのプレーが奮わないせいで久保に過度な期待が掛かっている面もあるので一度そういった過熱状態から距離を置くのも悪くないでしょう。
監督のラウルも元名選手で色々教わることもあるでしょうし、いずれはトップチームの監督になるはずなので今から直に指導を受けて今からアピールし、信頼を得るのも無駄ではないはず。
また、国王杯や怪我人が続出した時にはトップチームで試合に出られる可能性もあります。

とはいえ、プレシーズンとはいえ既にトップと遜色ないプレーが出来ているのに1年間3部でプレーするのはちょっと長いようにも思えます。
なので冬までカスティージャでプレーし、その時にやはりトップチームでプレーするのが難しいようであればレンタルでレギュラーで出られそうなチームへ行くのがいいんじゃないかと思います。

元ブラジル代表ロナウドが会長を務めるバリャドリードが久保をレンタル移籍で獲得したという報道もありましたが、バリャドリードのSDが否定したりとどうも実現はしなさそうです。
一部報道によればジダンとラウールが手元に置いてカスティージャで育てることを望んでいるとのこと。
このまま行けば当初の予定通り3部でプレーしつつ、国王杯等でのデビューを伺うことになりそうです。

ちなみにレアルマドリード・カスティージャの試合ですが、レアル公式サイトのReal Madrid TVで見ることが出来ます。
登録不要で料金も掛かりません。
もっとお手軽にYoutubeのレアル公式チャンネルでも配信するっぽいです。

今後も日本の神童の動向に注目です。

スポンサーリンク