最近日本でも耳にする文化の盗用(Cultural appropriation)とは何なのか

文化の盗用(Cultural appropriation)という言葉をご存じでしょうか。
アメリカ発の概念で、著名人がしばしば炎上しており、最近は日本でもアメリカ関連のニュース等で耳にすることが増えました。

スポンサーリンク

米歌手のアリアナ・グランデが入れた漢字のタトゥーについて文化の盗用という批判がなされ、日本語のグッズを取り下げる事態にまでなりました。
日本人には馴染みが薄くピンとこないこの概念を説明したいと思います。

概要

文化の盗用(Cultural appropriation)とは何か。簡単に言えば支配的な文化に属する人間がマイノリティの文化を盗む、剽窃することを指します。
例を挙げると、アメリカなら白人がマイノリティのネイティブアメリカン(インディアン)の衣装を着ると文化の盗用に当たります。
日本で言えばマジョリティの日本人が例えばアイヌの民族衣装を着たら文化の盗用に当てはまるかもしれません。

「支配的な文化の構成員」「マイノリティの文化」を盗むのがポイントなので、例えば国際交流でお互いの民族衣装を着るだとか、相互交流で文化が変容していくのと文化の盗用は異なるものだとされています。

それの何がいけないのかということですが、文化の盗用を批判する人達は文化の盗用は植民地主義の一種であり、本来の文脈や意味と離れた形で表面的に弄ぶ、それはその文化を軽視、冒涜しているということで問題だとしています。
仏作って魂入れずと言いますか、その文化の本質を捉えずにコスプレ感覚で利用するということですね。
日本で例えるなら外国人が剣道をチャンバラ感覚でやって本来の趣旨である精神鍛錬を軽視するようなものでしょうか。

また、ある文化全体にそのメンバー共通の知的所有権があると見なして、それを勝手に使うのは個人の作品を盗作するのと変わらないという考えもあるようです。

なので必ずしもマジョリティがマイノリティの文化を真似したら文化の盗用になるというわけではなく、対等の立場での文化交流やその文化における文脈、意味を学ぼうとすることは問題ないということになります。

最初にこの言葉が使われ出したのは1980年代とされており、最近になって一段と広がっている印象ですが、実際にはアメリカ国内でも必ずしも皆が支持しているというわけではありません。
文化の盗用という概念自体への批判も少なくないですし、またSJW(ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー。正義の味方を皮肉った呼び方)がおかしなことを言い出したとうんざりする向きもあります。

いずれにせよ歴史的に多くの人種文化が共存しながらなかなか対立、格差が解消されないアメリカだからこそ生まれた概念だと言えるでしょう。

文化の盗用で炎上した例

ここで実際に文化の盗用との批判を浴び炎上した例をいくつか挙げましょう。

ボストン美術館モネの「ラ・ジャポネーズ」着物着用イベント

2015年、ボストン美術館ので行われていたモネの「ラ・ジャポネーズ」をモチーフにした着物の試着イベント「キモノ・ウェンズデー」が一部のアジア系アメリカ人から批判を受け、中止になりました。


これは日本人からすると理解が難しいですが、まず一つには単純に白人が(アメリカにおいて)マイノリティであるアジア人の文化をコスプレ感覚で利用しているということがあります。
美術館に抗議をした団体はこの展示は着物についての起源や歴史、当時の日本社会といった背景の説明がなく表層的なものとなっており、このようなコスチュームイベントはアジア系アメリカ人の精神を傷付けるものとしています。
また、そもそも西洋人のモネによって描かれたこの作品自体オリエンタリズム的な要素を含んでおり、葛飾北斎など日本人の浮世絵を選ぶべきだったとしています。
抗議を受けて、着物についての説明が行われるようになりましたが、着物試着は中止されました。

アヴリル・ラヴィーン「ハローキティ」MV

日本でも有名なアーティスト、アヴリル・ラヴィーンの「ハローキティ」という曲のMVが炎上しました。
かねてより日本と日本生まれのキャラクターハローキティへの愛を明らかにしていたアヴリルはタイトル通りハローキティをモチーフにした曲を発表、日本でMVを撮影しました。
そもそも曲とMVの出来自体への批判もあったのですが、焼酎を注いで寿司を食べるシーンなどがステレオタイプで差別的だと批判を受けました。


アヴリル本人はそうした批判に対して、自分は日本文化を愛していて人生の半分を日本で過ごしており、日本のファンのために東京で日本のレーベル、日本人の振付師、監督と撮影をした。レイシストなどではないといった趣旨のコメントをしています。

プロムで白人がチャイナドレスを着用

アメリカのとある高校のプロム(カップルで参加するダンスパーティー)で、白人の女子生徒がチャイナドレスを着て参加した所中国系の男性が「私の文化はあなたのプロムドレスではない」とツイート。


「アメリカの消費主義の対象となり、白人の需要に応えるのは植民地主義的イデオロギーと変わらない」などと批判しました。
それに同調する批判が集まり、炎上しました。
しかし彼女を擁護する意見も少なくなく、女子生徒は差別主義者になるつもりや文化の盗用の意図はなく、その文化へのリスペクト
を示したかっただけだと話しており、また女子生徒は今回の件で行動を変えることはない、同じことがあってもチャイナドレスを着るつもりだと述べています。

個人的見解

最後に文化の盗用に対する僕の個人的な考えを述べたいと思います。
ざっくり言って僕はこの文化の盗用という概念には否定的です。(理解出来る部分もありますが)

他の文化を自分のもののように利用することはよくないというのが文化の盗用の趣旨ですが、そもそも文化とはそうやって発展していくものです。
例えば日本で言えばラーメン。知っての通り中国起源の麺類を日本で独自に発展させた料理ですが、日本においては中国人はマイノリティなのでもし文化の盗用の理屈が昔の日本に適用されていたら今日のようなラーメン文化はなかったかもしれません。
今では世界的に知られる寿司も元は東南アジアに源流があるとされています。
日本独自の音楽というイメージが強い演歌も実際はロックなど西洋音楽の影響を大きく受けていますし、そのロックもブルースなど黒人音楽の影響を受けており、またそのブルースの元となった黒人霊歌はキリスト教の宗教歌を取り入れています。

このように文化というのは相互作用によって変化し発展していくものです。
確かに昔から人種や国、文化圏によってパワーバランスが存在し、弱い立場にある側は様々な不利益を被っています。
しかし文化に関してはその中でマイノリティがマジョリティの、あるいはマジョリティがマイノリティの文化を真似、アレンジし、そこから新しい自分たちの文化を生み出して来ました。
そうして新しく文化を生み出すことはマイノリティが地位を得ることにも役立ってきたわけで、そこに制約を掛けては文化そのものが衰退する恐れもあります。

表層的な部分だけでなくより深くその文化を理解した方がいいというのは分かりますし否定はしません。しかし仮に文化の理解という点で足りない部分があったとしてもそこまで厳しく糾弾する必要があるかと言うと個人的には疑問です。
先のボストン美術館の例でいえば着物や当時の日本社会について説明をするというのはいいと思いますが、試着を中止にまでする必要があったとは思いません。
確かにコスプレ感覚のイベントかも知れません。しかし最初は誰でもそういうものではないでしょうか。
文化や歴史的背景の学術的な説明といったものはどうしてもお堅い、お勉強的なものになってしまいがちです。
その点実際に体験するというのは誰でも出来ることですし、言葉では分からない実感を得ることが出来ます。
最初はコスプレであったとしても、その体験がきっかけで興味を持ちより深く勉強する人も出てくるかもしれません。
今着物の専門家になっている人だって最初は歴史や背景など知らず、自分で着てみて単純に綺麗だと思って興味を持ったりしたのではないでしょうか。
日本人も成人式で振り袖を着たりしますが、その意味や歴史を十分に知っている人はそう多くないと思いますし、そういう意味では皆コスプレ感覚とも言えます。
入り口の部分がライトなものになるのは仕方がないことですし、人種が違うからという理由でその入り口を狭めることがいいことだとは思えません。

もう一つは批判の基準が不明瞭だということ。
アヴリル・ラヴィーンの件もですが、アリアナ・グランデは日本や日本文化へのリスペクトが欠けているようには見えませんでした。
しかし、結局日本語のタトゥーを入れたことで文化の盗用との批判を浴びて日本語のグッズを取り下げ、日本語の勉強をやめると宣言するまでに至ってしまいました。
他の文化をより深く理解し、尊重するのはいいことだと思いますが、明らかに悪意のない場合まで炎上させて相手を追い込みその文化から遠ざける。そんなことをしてもマイノリティにとってもメリットがないと思います。

上のプロムのチャイナドレスの例にしてもそうです。
日本ではチャイナドレスという名称なので中国の伝統衣装のように見られがちですが、実際にはそれほど歴史は長くない上にマジョリティである漢民族のものではなく、満州人の民族衣装に漢民族、更には西洋風を取り入れたものです。
つまりチャイナドレスは西洋のエッセンスも入っている上に、見ようによってはそれ自体文化の盗用によって出来たものと言えなくもないのです。
もし件の女子高生を批判した中国系男性が漢民族だったら更に話は矛盾したものとなります。

文化の盗用は盗用される側の精神を傷付けるといいますが、それもどうでしょうか。
明らかに馬鹿にしているような場合は別にして、仮に多少理解が浅い部分があっても好意的に自分たちの文化を取り上げて貰えて嬉しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
その国の人間が批判しているわけでもないのに、他国の人が差別と騒ぐのはそれはそれで傲慢というものではないでしょうか。
仮に傷ついたという人がいたとしても、100人のうち一人だけだった場合その主張を無条件に受け入れるべきでしょうか。

全てがそうとは言いませんが、炎上した例を見るとまず誰かを叩きたいというのがあって、そのための道具として文化の盗用という言葉を利用しているだけに見えるケースも少なくありません。

これは個人的な邪推ですが、こうした文化の盗用絡みの炎上の背景にはアメリカのマイノリティのコンプレックスがあるんじゃないかと感じています。
日本でも黒人差別については時々ニュースになりますがアジア系への差別も激しく、ある調査では白人や黒人の場合いじめを受けた割合が3割程度なのに対しアジア人は50%を越える人がいじめを受けたことがあると答えたそうです。
このようにアメリカにおいてマイノリティには色々な場面で不利益を被り、抑圧された経験を持つ人が少なくありません。
そうした中でマジョリティである白人に対しコンプレックスを抱き、それを発散するための手段として文化の盗用を利用している人もいるのではないかというのが僕の憶測です。

マイノリティが色々な面で冷遇されているのは事実で解決しなければなりませんし、それに対しマイノリティが不満を抱くのも当然です。
しかし例えばいじめであればいじめ問題を改善するよう取り組むべきで、文化の盗用批判がそうした差別を解消することにつながるかというと僕はちょっと懐疑的です。

いずれにせよ今より人種や国籍による格差が小さければ文化の盗用が起こってもそんなに問題にはなってないはずで、文化の盗用云々より根本的な差別や格差が少しでも解消されればいいなと思います。

スポンサーリンク