ストレス発散におすすめしたい趣味、登山

このストレス社会、仕事や学校、人間関係と色々悩みの種を抱えている人も多いのではないでしょうか。
刺激の無い毎日を送っていると思考もネガティブになりがちです。
そういう時皆さん映画を見たり、お笑いを見たり、スポーツをしたり自分なりのストレス解消法を持っていると思いますが、個人的におすすめしたいのが山登り。

スポンサーリンク

山に登るのの何がそんなにいいんだと思うかもしれませんが、そんな人にこそ一度試して欲しい。
今回はそんな登山の魅力を語っていきたいと思います。

山頂の景色

山のどこに魅力を感じるかは人それぞれだと思いますが、僕の場合は断然山頂からの眺め。
自分で撮った写真がちょっと手元になくてネットで拾ったフリー写真になってしまうんですが、本当にこれらの写真のような眺めを見ることが出来ます。実際に見ると平面の写真と違って360°こういった景色が広がってるので、その感動は想像以上のものがあります。

 

そもそも僕が山に興味を持ったのは、元々世界の絶景みたいなのを見るのが好きで、そういう景色を日本で見られるとしたらどこだろうかと考えた結果思いついたのが山でした。
山頂から見下ろす麓だとか雲海が本当に雄大で、人間ってこれと比べたらちっぽけだな、自分の抱えてる悩みなんて大したことないなと思えてきます。
そういうわけでちょっと気分がくさくさした時とか、気分転換した時騙されたと思って一度行ってみて欲しいですね。

もっとも、こういう景色を見るとなるとそれなりの高さの山であることが必要なので、高尾山とかじゃなくて標高2000mくらいはあった方がいいかと思います。
2000m超といっても山頂近くまで車で行ける山もありますし、ハイキング感覚で登れる山もあるので初心者でも安心です。
かくいう僕もトレッキングレベルで、ピッケルを使うようなガチの登山はやったことありません。
逆に1000m位でもかなり危険だったりすることもありますしね。山の危険性や大変さは標高だけでは計りません。

豊かな自然

もちろん山頂だけではなくて、登る過程にも楽しさはあります。
特に山登りの場合周りが自然に囲まれていますので、美しい沢や草木に花を見ることが出来ます。
川のせせらぎや鳥の鳴き声など視覚だけでなく、聴覚でも楽しめます。
場所によっては鹿なんかと出くわすこともあります。

当然歩きなのでそれなりに体力を使うわけですが、自然に囲まれながら歩いていると邪念、雑念みたいなものがなくなって余計なことを考えなくなります。

日本では昔から修験者や山伏が山を信仰の対象として、修行のため山に登ったといいますがそれも頷けます。

温泉

そして登山とは直接関係ないのですが、山があるところは火山活動が活発なことが多いので大抵近くに温泉があります。
帰りに少し立ち寄るのもいいでしょう。
歩いて疲れた身体を温泉で休めると正に極楽です。

準備

ではいざ登る時何が必要か。
初級者向けの山でも事故や遭難がないわけではないですし、準備はきちんとしていきましょう。

地図
これは必ず持ちましょう。
本屋に行けば登山のガイドブックがあってその中にも載っています。
迷った時困らないようにというのもありますし、スケジュールも立てやすくなります。

↓こんな感じの本

バックパック
必ずしも登山用のものでなくてもいいですが、着替えや食料を入れるため必要。
簡単なトレッキングから縦走や山で宿泊など、ケースバイケースで適当な大きさが変わってくるので目的に合ったものを選びましょう。


滑ったりすると危ないので、トレッキング用のシューズなどが望ましいです。

そこまでガチの登山じゃなければ普通のスポーツウェアで問題ありません。

山の天気は変わりやすいですし、下はそうでもなくても山頂に行くと寒いということもあるので上着を用意。

汗をかいた場合のシャツの替え、タオルなどもあった方がいいでしょう。

食事
特に夏場などはかなり汗を掻きます。
山小屋などで買える場合もありますが、基本自動販売機などはないので十分な水分、食料を持って行きましょう。

天気予報
景色の面でも安全面でも極力晴れの日を選ぶよう、天気予報はちゃんとチェックしましょう。


電車とバスでも大丈夫ですが、早朝から登る場合車の方が早く行けたり、バスは本数が少なかったりするのであった方が便利です。
山によって駐車場等事情が異なるので事前に確認しましょう。

こちらのサイトではふるさと納税でコールマンモンベルヒマラヤなどアウトドアメーカーのポイントを貰うことも出来ます。

まとめ

日本は非常に地震の多い国として知られますが、反面世界有数の山の多い国でもあります。
そんな日本に生まれてそうした多様な山々に登らないというのももったいない。

興味を持ったら是非一度試して欲しいです。

スポンサーリンク