衝撃のイニエスタヴィッセル神戸加入 現役Jリーガーたちの反応まとめ

Embed from Getty Images
イニエスタの神戸加入がとうとう決まりました。
数ヶ月前にイニエスタがバルセロナ退団を発表したときは、まさか日本に来るとは思いませんでした。
ヴィッセルに決まるという報道が出てからは公式発表が出るまでドキドキして情報を追ってました。
それがようやく加入が決まって是非見に行かなきゃなと思っている所ですが、日本のサッカーファンにとってと同様敵味方問わず一緒にプレーすることになる現役Jリーガーたちにとってもインパクトは大きかったはず。
そこでそんなJリーガーたちのイニエスタ加入についての反応をまとめました。

スポンサーリンク

イニエスタと相対することになるDF陣は

DFとして恐らくイニエスタとマッチアップすることになる日本代表DFも世界的大物の加入を歓迎、闘志を燃やしています。
特に昌子選手は興奮を隠せない様子です。

槙野智章
「国内でプレーする選手としては、選手もファンも世界レベルの選手を肌で感じるというのはJリーグの盛り上がりにつながると思う。一人でも多くの有名な力がある選手に来てもらって、盛り上がりにつながれば、それが日本人選手の素晴らしさをアピールするチャンスにもなると思う」

昌子源
「マジで来るのっていう感覚。そういう選手とJリーグでやれるのはうれしい」
「神戸の選手はチームメイトって言えるんですよね、イニエスタを。うらやましい」
「対戦相手として、止めることしか考えてません」

神戸の同僚は……ポドルスキ「彼が来るならヤバイ」

ヴィッセル神戸でチームメイトとなる選手たちもイニエスタについて言及しています。
公式発表前のことですが、ドイツ紙『エクスプレス』で同じく世界的名手のポドルスキ選手は次のように語っています。

ポドルスキ
「何度も対戦してきたし、お互いに知っている。とてつもない選手で、世界中のクラブが来てほしいと願うような存在だね。彼が本当に神戸に来てくれるなら、なんというかマジでやばいことになるよ」
「彼のような選手と対戦できるというのは、ものすごく大きな刺激になるよ。逆に彼とチームメイトとして一緒にプレーできたら、それは僕のサッカー人生にとって大きなハイライトの一つになるだろうね」

渡辺千真
「(クラブハウスの)ロッカーのテレビで、よくバルセロナの試合が流れていて。ロッカーで見ていた選手が、このロッカーに来るんだと思うと凄い」

イニエスタに背番号8を譲る(Jリーグの規約でシーズン中の背番号変更は禁止されているためどういう形になるかは不明)三田選手は、憧れの選手ということもあって歓迎している様子。

三田啓貴
「チームから最初にイニエスタが来ると教えてもらった。まだ公になっていない時。『8番をあげたい。どう思う』と言われた。イニエスタは憧れの選手で、『来ていただけるのなら、譲らせていただきたい』と。自分もイニエスタが好きで(8番を)つけていた部分もあるし、断る人なんていないんじゃないですか。常に注目する選手。早く一緒にやってみたいですね」
「『背番号を譲ってくれてありがとう』と本人から直接電話をいただいて本当にうれしかった。『逆に光栄です』と言い、『本当にこれからプレーできるのが楽しみです。ワールドカップ頑張ってください』という話をしました」

まだトップレベルで出来るのにという複雑な反応も

Jリーガーきってのバルセロナファンだけあって、中村憲剛選手は言葉が止まらない様子。
一方で山口選手同様ヨーロッパのトップでプレーする姿を見られない寂しさもあるようです。

中村憲剛
「正式決定までは黙っていることにしていたので、言葉が溢れてきますね。こんなにワクワクしながら話ができる選手ってなかなかいないですから。選手としてはメッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールと同じランク。正直、ホントに来たか、来ちゃったのかという驚き」
「バルセロナのイニエスタが見れなくなるさみしさは、バルサファンとしてはある。メッシやネイマールやブスケツとかとやっているイニエスタはもう見れないんだよ」
「今現状のトップ・オブ・トップが、このコンディションで日本に来てくれることの効果は計り知れない。どういう振る舞いをするか、全部が勉強になる。興行的に考えてもどこのスタジアムも埋まるでしょう。こんなワクワク話ができる選手も世界でなかなかいない。メッシ、ロナウド、ネイマールと同じランク。神戸でどういうプレーするのか、興味がある。サッカーを続けててよかったなと思う」
「体格は僕と変わらないくらいだけど、どうしてこんなにうまいんだろうなって。子供たちにとっても、すごくいい見本になると思う。あのクオリティは見てもらいたいですね」
「こないだのクラシコを見ていても、辞める選手って感じじゃない。本当にすごい選手。夢があるよね。本当にサッカーを続けてきて良かったと思う。バルサで現役バリバリだった選手と戦えることなんて、なかなかないから。神戸でどんなプレーをするのかにもすごく興味があるし、実際に対戦してフロンターレのサッカーを見せたい。目の前でボール回しをして、日本にもこういうチームがあるんだってところを知ってもらいたい」

山口蛍
「Jリーグが変わるかはわからないですけど、確かに今まで来た選手の中でも本当にイニエスタは別格だと思う」
「個人的な思いを言うと、(Jリーグに)来てほしいけど、まだあのレベル(欧州CLなど)で試合を見ていても全然できたから、まだ向こうでやっていてほしかったなと。僕はその感想の方が強いかなと思います。対戦できることはJリーグも含めていいですけど、まだ全然できるのに何で来たのかなってちょっと思いますけど」

まとめ

反応は人それぞれですが、やはり現役選手にとってもその衝撃は大きいようです。
山口選手の言うように衰えたとはいえ、まだトップレベルでやれるのにという気持ちもわかりますが、まだそれだけの力を残した状態で加わるからこそのインパクトでもあります。
環境レベルの違いから本領を発揮できるのかという懸念も一部でありますが、今までJに来た中では間違いなくトップクラスの外国人選手。
どんなプレーをするのかスタジアムで見たいものです。

スポンサーリンク