ヒトラーが独裁者になれた理由とその背景がよくわかる『ヒトラーとナチ・ドイツ』(石田勇治)

タイトル通りヒトラーとナチス・ドイツに書かれた本です。
ヒトラーやナチスについては日本でもよく耳にしますし、ホロコーストなど高校レベルのおおまかな知識はありますがヒトラーが権力を握る過程やその統治について詳しくは知らなかったので本書を読んでみることにしました。

スポンサーリンク

内容

「人類の歴史における闇」ともいえる、ヒトラー政権時代。
その数々の疑問に、最新研究をふまえ、答える。
当時の歴史やその背景を知るための入門書であり、決定版の書。

・ヒトラーはいかにして国民を惹きつけ、独裁者に上りつめたのか?

・なぜ、文明国ドイツで、いつのまにか憲法は効力をなくし、議会制民主主義は葬り去られ、基本的人権も失われたのか?

・ドイツ社会の「ナチ化」とは何だったのか?

・当時の普通の人びとはどう思っていたのか?

・なぜ、国家による安楽死殺害や、ユダヤ人大虐殺「ホロコースト」は起きたのか?

本書はヒトラーを題材にしてはいますがドラマ的に描くのではなく、なぜヒトラーが権力を握れたか、ヒトラーの統治や国民の反応、そしてナチスがいかにして対外戦争の拡大とユダヤ人の迫害に向かって行ったかを客観的に解説しています。

よく「ドイツ国民に支持されてヒトラーは権力を握った」とか、あるいは「野党議員を逮捕したり暴力的に独裁者となった」とか言われますが実際はどちらもある程度正しいながらも完全な答えではありません。
かつてない不況に高まる民衆の不満に乗じて有権者の心を掴みナチ党は躍進、1932年の国政選挙では37.3%の票を獲得して国会第一党となりました。
現在のメルケル首相が属するCDU/CSUの先の選挙での得票率が33%ですからこれは有権者から十分な支持を得た数字と言えそうです。
しかしそれでも単独過半数には足りず、とても独裁政権を作れるほどのものではありません。

そのヒトラーが独裁者となるきっかけを作ったのはヒンデンブルク大統領に首相に任命されたことでした。
つまりヒトラーは国民の支持によって国政への足がかりを掴んだものの、政権入りの直接の要因は選挙ではなくヒンデンブルクの個人的な
思惑によるものでした。
それ以降は独裁者としての素顔を隠すことなく権力を奮い、政府批判の集会やデモを禁じ、野党議員を逮捕しプロパガンダを積極的に行い再び選挙で票を伸ばしました。
そして全ての権力を首相に集中させ、憲法に反する立法まで可能とする所謂全権委任法を成立させます。

これを以てドイツは名実ともに独裁政権となったわけですが、意外にも国民の反応は悪くなく、
「戦後」に西ドイツ人に取った意識調査では実に40%の人が「二十世紀ドイツで最もうまくいった」時代にナチ時代の前半と答えたといいます。
その理由の一つは財政出動やアウトバーン等の公共事業、勤労奉仕政策、共働きを禁止して女性を家庭に戻したりと深刻な問題であった失業率を(少なくとも数字の上で)改善したからです。
ザール地方の併合やオーストリアの合邦など外交面でも成果を挙げ、ベルサイユ体制からの脱却を図り、更にそれらの成果を大々的に宣伝したことで国民のヒトラー人気は高まっていきました。

一方でヒトラーは極めて人種差別的な政策を行い、よく知られるユダヤ人への迫害だけでなく身体障害者や犯罪者を劣等種として強制断種やついには安楽死まで行われるようになりました。
これはヒトラーの個人的な差別思想だけではなく、当時のヨーロッパでは珍しくなかったユダヤ人への差別意識、ダーウィンの進化論を基にした優生学の広がりが背景にありました。
まずナチスはユダヤ人に対し公職追放や私財没収を行いましたが、これらの迫害へのドイツ人の反応は鈍く目立った反発はありませんでした。
上述のユダヤ人への差別意識に加え、ユダヤ人が追放された職や没収された私財を手に入れられるというメリットがあったからです。
それでもヒトラーも当初はユダヤ人を絶滅しようとまでは考えておらず、ソ連から土地を奪取して東方へユダヤ人を追放するつもりでしたがソ連との戦争が思うようにいかず土地を手に入れることに失敗、大量虐殺へと繋がっていきました。

ヒトラーはその妄想染みたユダヤ人への差別意識もあって無謀な戦線拡大を続けたために、戦況が悪化国民の支持も落ちて最後は自ら命を絶ちました。

まとめ

ヒトラーやナチスドイツの蛮行についてはヒトラー個人の特殊性が原因としてクローズアップされがちですが、ことはそう単純ではなく当時の社会情勢や経済状況が大きく影響していると感じます。
ということは状況次第では日本を含む他の国でもヒトラーやナチスのような存在が現れることもあり得るわけで、そうならない為にもなぜヒトラーやナチスが権力を握った背景をきちんと理解しておく必要があるのではないでしょうか。
本書はそのための入門書として最適だと思います。

スポンサーリンク