東芝、神戸製鋼に見る企業スポーツのリスクとJリーグ

東芝が不正会計の発覚および原発関連の巨額損失によるリストラの一環で国民的アニメ「サザエさん」のスポンサーを降板することが話題になりましたが、更にラグビー、野球などスポーツ活動の見直しを検討しているというニュースが出ています。
また神戸製鋼も次々に不正が発覚しており、リコールや訴訟で解体の可能性もあるとされています。
そうなればトップリーグで活動するラグビーチーム「神戸製鋼Steelers」にも影響が及ぶのは必至です。

スポンサーリンク

 

元々日本は企業が福利厚生や宣伝、社会奉仕の一環として運動部を持つ傾向にあり、また最も人気あるプロスポーツが親会社の企業によって成り立っているプロ野球であることから企業スポーツを是とする風潮があります。
一方でJリーグは発足時に地域密着を標榜し、チーム名に企業名を冠することを禁止し企業色を極力排除しようとしました。
それによってある程度地域密着には成功した反面、企業が積極的に資金を投じない原因になっているのではないかということでJリーグも企業名を入れることを解禁しプロ野球のようにした方がいいという主張が何度かなされました。
その背景にはプロ野球球団も地域名をチーム名に入れて地域密着を取り入れ、観客動員数増につなげることに成功したという背景もあります。

確かに、プロ野球も以前より地域密着に成功し動員を増やしているのを見る限り企業名が地域密着の妨げになるとは言えませんし、どの程度効果があるかは分かりませんが資金援助を得やすくなるのは確かなのでJリーグのクラブに企業名を入れることを許可するのも必ずしも悪いことではないと思います。
しかし、その結果として企業の資金力への依存度を高めることにはリスクも伴うことは理解しておいた方がいいでしょう。

企業スポーツのリスクが端的に現れたのが今回の東芝、神戸製鋼のケースです。
すなわち、親会社ありきの形態だとチームそのものに問題がなくても、親会社の事情でチームの弱体化や場合によっては解散せざるを得なくなることがあるということです。
実際、そういったケースは特に珍しいものではありません。
リーマンショックの際にはパナソニックがバドミントン部やバスケットボール部を廃止にしましたし、Jリーグも企業色を排除と言っても実際には親会社の大企業に依存しているチームも少なくなく、横浜フリューゲルスは親会社の経営不振の影響で消滅、横浜マリノスに吸収され今の横浜F・マリノスになりました。
不景気や経営悪化といった理由がなくても、経営合理化や生産性の向上を強く求められる現代ではどの会社もいつスポーツ活動に見切りを付けてもおかしくないと言えるでしょう。

では企業スポーツはよくないのか。
必ずしもそうではありません。
採算度外視で親会社が資金を投じてくれればその競技の盛り上げに繋がる可能性もありますし、チームの採算が悪化しても親会社に救ってもらえる可能性もあります。
実際、Jリーグでも実質企業スポーツ的なチームは少なくないと書きましたが親会社の存在感が大きいセレッソ大阪やヴィッセル神戸はヤンマーや楽天のサポートで思い切った補強が出来ている部分がありますし、2000年代Jリーグが苦境にあった時親会社のお陰で消滅を免れたようなクラブは少なくありません。

どちらがいいということではなくそれぞれ長所短所があるのでセレッソやヴィッセルの様に親会社の影響力が大きいチームもあっていいですし、湘南ベルマーレやFC東京のように特定の大株主を持たない町クラブ的クラブもあっていいと思います。
どのみちプロスポーツにとってスポンサー等の形で企業の協力は欠かせません。
独立採算でやれるだけの収益があれば親会社に何かあっても他の会社に拾ってもらったり親会社を持たず独立して活動を続けられますし、企業スポーツでも企業に頼りすぎず適度な協力関係を築いていくことが大切です。
そういう意味では2000年代に経営不振に陥るクラブが続出したことを受けて、各クラブ財政の監視を強化したJリーグは正しい選択をしたと思います。

 

まとめ

  • 企業スポーツチームは親会社から支援を受けられるが親会社の事情でチームがなくなるリスクがある
  • それぞれ長所短所があり一概にどちらがいいとは言えない
  • 企業スポーツでも親会社に依存するのではなく自らの価値を高める努力が必要

スポンサーリンク