U-17ワールドカップ 決勝トーナメント1回戦 日本代表の対戦相手イングランドはどんなチームか

2017年10月17日

U-17ワールドカップが開幕してから早くも1週間が経ちました。
初戦ホンジュラスに6-1で快勝したのはよかったものの、続くフランス戦では残念ながら2-1で敗北を喫しました。
点差は2‐1ですが内容的にはそれ以上の完敗でした。
個人的にもここまで差があるとは予想してませんでしたし、選手達のショックはそれ以上だったでしょう。
とはいえそういった世界のレベルを実感するためにこの大会に出ている部分もあるのでこれはこれでよかったと思います。
何よりまだ敗退したわけではないですし、次のニューカレドニア戦にきっちり勝って決勝トーナメント進出を決めてほしいものです。

スポンサーリンク

※追記

その後ニューカレドニアに引き分けるという意外な結果になりましたが、それでも日本は2位通過。予想通りイングランドと戦うことになります。

決勝トーナメント1回戦の対戦相手はイングランドが濃厚

現在グループリーグは残り1試合、順当にフランスがホンジュラス、日本がニューカレドニアに勝利すれば
日本はE組2位で決勝トーナメント進出、1回戦でF組の1位と対戦することになります。
現在F組は勝ち点6でイングランド、2位にイラクがつけています。
イングランドとイラクの直接対決が残っているのでイラクが1位になる可能性もありますが、普通に行けばイングランドが1位になり日本と戦う確率が高いと思われます。

イングランド代表はどんなチームか

まずU-17に限らず近年のイングランドは育成年代が非常に強くなっています。
U-20イングランド代表は先のU-20ワールドカップで世界一に輝いていますし、このU-17代表はワールドカップ予選にあたるU-17欧州選手権で準優勝となっています。
その決勝のスペイン戦もPK戦での敗北で、試合自体は2-2で互角の戦いをしました。

どのようなチームかと言えば、先日戦ったフランス代表と似てアフリカ系が多くスピード、パワー、高さに
加え技術もある万能型の選手を多く抱えています。
間違いなく強敵であり、日本はかなりの苦戦が予想されます。

ただイングランドはここまで3ゴールを決めているエースのジェイドン・サンチョがドルトムントとの取り決めで
、結果に拘わらずサンチョはドイツに戻るという報道がなされています。

※サンチョがインドに残るという報道もありましたが、結局ドイツに戻ったようです。
フルメンバーのイングランドと戦えないのは残念ではありますが、攻めの柱を欠くのは日本に有利に働くのは間違いありません。
しかしサンチョがいなくてもリバプールのストライカーリアン・ブリュスターや、マンチェスターユナイテッドのアンヘル・ゴメスなど優れた選手がたくさんいるので難しい相手であることに変わりはありません。

↓今大会イングランド戦のダイジェスト

まとめ

決勝トーナメントで激突する可能性の高いイングランド代表についてまとめました。
予想通りいけば非常に厳しい戦いとなることが予想されますが、フランス戦で得た教訓も活かして頑張ってほしいところです。

※追記

ニューカレドニア戦の様な不甲斐ない試合をすることは許されません。このイングランド戦では持てる力の全てを出せるよう頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク