アメリカの大学入試に使われるSAT(大学進学適性試験)とは 日本のセンター試験との違い

今回はSATというアメリカの大学入試で使われている適性試験について書いていこうと思います。
アメリカの大学入試制度も絡めつつ、日本のセンター試験との比較もしてその特徴を見ていきます。

スポンサーリンク

 

SATとは

非営利組織College boardが主催する大学入試のための適性試験です。
元々はScholastic Aptitude Testの略だったのがScholotic Assessment Testに変わり、現在は何かの略というわけではなくSATが正式名称となっています。
受験生が大学で学ぶ準備が出来ているかを計るためのテストで、各大学個別の試験前の足切り的に使われるもので、日本で言うセンター試験のようなものです。
もっとも、統一試験がセンターだけの日本と違ってアメリカではSATの他にACTという別団体の同じような試験があり、アメリカの多くの大学ではSATかACTのどちらかの提出を義務付けています。
元々はこのSATが最もポピュラーな試験だったのですが、最近になってACTにシェアを抜かれたためそれに対抗してCollege boardは試験の形式を変えています。

科目

現在はEvidence-based Reading and Writing(根拠に基づく読解と筆記)と数学の2科目の1600満点です。
以前は小論文もあって2400点満点でしたが、去年の変更で小論文は選択制となりました。
各大学が小論文のような物は自分達で独自に実施していてあまりSATの小論文を重視しておらず、
そのような大学側のニーズを受けて変更したと言われています。
つまり現在はいわば国語と数学の能力だけを測るわけですが、理科や科学はどうするのかというと高校の成績を見ます。
日本は基本的に推薦やAOを除いてセンターや二次の試験のみで高校の成績は関係しませんが、アメリカの場合高校の成績も提出させた上で総合的に判断します。
というか高校の成績だけだと高校のレベル等によって有利不利が生じてしまうためSATのような試験が必要になったという側面があります。
そういう点ではアメリカの大学入試は日本でいうと大学受験より高校受験の方に似ているのかなと思います。
SATの難易度はそこまで高くないと言われており、優秀な受験生は高校で大学レベルの授業を取って高校の成績で差を付けます。
難易度が高くないと言っても当然全て英語なので、非英語圏の外国人にはその分ハードルが高くなります。

日程

センター試験は年に1回でやり直しが効きませんが、SATは年7回実施され何度でも受けられます。
感覚としてはTOEICみたいな感じと言えばわかりやすいでしょうか。
もちろん毎回受験料がかかり、経済状況で有利不利が生じてしまうので低所得の生徒は受験料が免除されます。

カンニング防止

SATは全ての受験生が同じ問題を解くわけではなく、カンニング防止のため隣同士は異なる問題になっています。
それによって問題によって有利不利が生まれうるわけですが、それを防ぐためにSATにはダミー問題というものが存在しています。
ダミー問題は他の問題同じように出題されているものの、実際には得点にカウントされません。
一方のテストで点数に含まれる問題を別のテストではダミー問題として出すことで難易度を確認し、点数を調整します。

人種・性別に対する配慮

これはいかにもアメリカ的なのですが、SATでは人種や性別によって不利にならないような配慮がなされています。
というのも、SATでは白人の平均点数が黒人のそれをかなり上回っており、それに対し「白人に有利にテストが作られている」という批判が起こりました。
ただ、単に平均点数に差があるというだけだと単純に有利不利の問題でなく学力に差があるだけと考えることもできます。
実際わざと白人に有利になるよう問題を作るはずもありませんし、教育環境において黒人が不利な状況にあることはよく知られていたため教育業界は元々の学力の差であると考えていました。
単に学力の差なのか、本当に問題に有利不利があるのか、判断は困難を極めましたがDIF(差異項目機能)分析という手法で解決しました。
単に黒人学生と白人学生を比較するだけではそれが学力のせいなのか問題のせいなのかわかりませんが、このDIF分析では成績のいい黒人と白人、成績の悪い黒人と白人といった具合に異なるグループの似たような成績の生徒を比べます。
同じくらいの学力の生徒を比べているのに黒人の方だけ明らかに正解率が悪ければ、その問題は黒人に不利であると言えます。
これによって人種だけでなく性別等でも問題による有利不利が判定出来るようになりました。
先述のダミー問題を使って分析することで、特定の属性が不利にならないよう問題に反映されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本のセンター試験のようなものといっても色々異なる点があるのがわかったかと思います。
日本でもよりよい入試方法について日々議論がなされ、変更が行われていますが、こういった他国の制度を知ることで参考になる部分もあるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク