2018年春アニメ放送予定 ヤクザと超能力少女が織りなすギャグ漫画『ヒナまつり』(大武政夫)

この漫画を初めて読んだのは結構前なんですが、この度アニメ化するということで紹介します。

スポンサーリンク

中学生が深夜労働したりするシーンがあったりするのでアニメ化出来なかったりするのかななんて思ってましたが特に関係ないみたいですね。まあギャグ漫画の話ですしね。

内容

芦川組の若手ホープ・新田の部屋に落ちてきた奇妙な楕円形の物体。それが全ての始まりだった!物体のなかに居たのは、無表情な少女・ヒナ。強力な念動力で新田を脅し、ヒナは新田家に住みつくことに。かくしてヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まった!

ヤクザの部屋に突然超能力少女がやってきたことで、色んな騒動に巻き込まれていくというギャグ漫画です。

ヤクザと超能力少女の組み合わせですが、超能力関連についてはそこまで深く掘り下げないというか進展が遅く、もっぱら日常ドタバタ劇という感じです。

一応日常系に入ると思いますが、いわゆるサザエさん時空ではなく作中の時間はしっかり経過していきます。

登場人物

ヒナ
この漫画の主人公。
未来から送り込まれた超能力少女。
新田の所に居候して自堕落な生活を送る。
性格はぐうたらでわがまま。
力は仲間の中でも強力らしい。

新田義史

強面のヤクザだがお人好しな所もあり突然やってきたヒナに振り回される。
ヒナの力のせいで本人の意思に反して武闘派として出世していくことに。
骨董品の収集が趣味で家事が得意。

アンズ
ヒナと同じく未来からやってきた超能力少女。
ヒナと違ってとても健気ないい子。
ホームレス生活を経てラーメン屋夫婦の養子になる。

三嶋瞳
ヒナのクラスメイト。
教えられればなんでもすぐ出来るようになるハイスペック少女。
詩子に強引にアルバイトさせられたのをきっかけに才能を開花させ出世していく。
時々黒い面を覗かせることも。

詩子
新田がよく行くバーのマスター。
初めはまともだったがどんどん駄目な大人に落ちていく。

作者の光るギャグセンス

載ってる雑誌がマイナーなので世間的な知名度はまだそんなにないですが、これはとても面白いです。
ギャグ漫画は作者のセンスがモロに出るジャンルだと思いますが、この作品は笑いの構成が素晴らしいと思います。
同じギャグでも方向性は全然違いますが、面白さの度合いで言うと個人的には監獄学園くらいですかね。

設定としては超能力の存在が大きいですが、あまりそればかりでなく他のキャラクターも
個性的に描かれています。超能力全く関係無い回も多いですしね。
またギャグだけではなく、特にアンズ関係だと感動するようないい話もちょくちょくあります。

面白いギャグ漫画が読みたいという人には是非おすすめ。

スポンサーリンク