アニメ放送中 正統派ダンス漫画『ボールルームへようこそ』(竹内友)

月刊少年マガジンで連載中、先日アニメの放送も始まった人気ダンス漫画『ボールルームへようこそ』。
この漫画は雑誌の方で時々読んではいて存在は知っていたのですが、ちゃんと最初から通しては読んでいませんでした。
それがアニメ放送開始ということもあってkindle本1巻が無料になっていたので読んでみるとこれが面白い。
漫画好きにはおすすめなので内容と感想を書いてみます。

スポンサーリンク

内容

俊英が贈るダンススポーツ青春譚、開幕! その一歩(ステップ)で僕は変わる――。平凡な中学生、富士田多々良(ふじた・たたら)は将来の夢も特に無く、無為な日々を過ごしていた。そんなある日、謎のヘルメット男に出会った多々良は訳もわからず連れ去られてしまう。男が向かった先は……何と社交ダンスの教室だった。ダンスの世界に一歩を踏み出した多々良の日常が、みるみる変わり始める――!! 剥き出しの才能が描く“ボーイ・ミーツ・ダンス”!!
踊り手の魂が交錯する舞踏室(ボールルーム)で繰り広げられる、激アツ! ダンスストーリーに酔いしれろ!!
(公式より)

という内容です。
主人公の富士田多々良は将来の夢もなく、何か一つでいいから自信を持って好きと言えることがあればと悩んでいます。
学校でもぱっとしないキャラで不良にいじめられ、勉強もスポーツも得意ではありません。
そんな多々良が不良にカツアゲに遭っていた所を謎の大男に助けられ、無理矢理連れられた所は社交ダンスの教室。
それを機に多々良はダンスの世界に魅了され、その才能を開花させていく、というのが導入です。

ぱっとしない主人公が偶然何かに出会って、その世界にはまって秘めた才能を開花させていく、というのは少年漫画にはよくあるパターンですね。先日紹介した『ナナマルサンバツ』もそんな感じでした。
といってもそれは別に悪いことではなくて、一見取り柄のない主人公が隠れた才能を発揮させ、努力して成長し周りに認められていく、というのは読者もその成長を感じられてカタルシスを得られやすいですからね。
こういったパターンはそれだけ人気を得やすいからこそよく使われるということでしょう。

ダンス版『はじめの一歩』

最初に読んだ感想としてはあの有名ボクシング漫画『はじめの一歩』に似ているな、という印象を持ちました。
気弱ないじめられっ子の主人公、主人公とたまたま知り合った粗暴な男が実は世界的なダンサーで、自分を変えるために
主人公はプロになることを決意、その男の協力もあってダンスにのめり込みその才能を発揮していく。
更に主人公を意識するイケメン天才ダンサーと、はじめの一歩を読んだ方なら似てると思うのではないでしょうか。
といってもこれは悪い意味ではなく、主人公がダンスの才能に目覚め自信を付けていく様などはじめの一歩と似たような
面白さがありカタルシスが得られるということです。
はじめの一歩自体とても面白い名作なので、それと似ているこの漫画が面白いのも当然でしょう。




ダンスという競技の特性

といっても被る部分が結構あるというだけで勿論単なるはじめの一歩のコピーではありません。
それはダンスという題材の特性から来ていて、一つにはパートナーの存在があります。
ボクシングの場合仲間はいても試合は必ず1対1ですが、ダンスの場合常に二人組で参加します。
たった一人のパートナーと協力して競技に打ち込み、互いを高め合い時にはぶつかって葛藤する様は
ボクシングのような個人競技ともサッカーのような団体競技ものとも違う見所があります。

もう一つはダンスの描写です。
はじめの一歩に限らずスポーツ漫画の描写というのは相手と戦う上での迫力やテクニックが描かれますが、ダンスの場合試合と言っても直接相手と戦うわけではなくその動作そのものの美しさが肝になります。
その表現がとても上手い。漫画なので当然動きも色もないのですが、思わず引き込まれます。

まとめ

  • 導入が『はじめの一歩』に似ていて、いくじなしの主人公が成長していく物語
  • パートナーとのチームワーク、ぶつかり合いも見所の一つ
  • ダンスの描写が見事。ダンスに興味がなくとも楽しめる
個人的オススメ度


スポンサーリンク