ACL決勝トーナメント初戦を迎えるJリーグ勢 その勝算をグループステージの成績から占う

2017年7月28日

気付けば5月もあっという間に終わりが近付き、U-20ワールドカップが開幕した傍ら今度はアジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが始まりました。
Jリーグ勢の試合はこれからですが、今回はグループリーグでの日本勢の成績が良かったこともあって是非優勝目指して頑張って欲しいものです。
そこで今回は過去の日本勢のGLと決勝トーナメントでの成績をもとに今回Jクラブがどこまで行けるか予想してみたいと思います。
昔は1チームだけが決勝トーナメントに進めたりとレギュレーションが変化しているため単純な比較はできないですが、
アジア選手権から現行のACLに移行した2003年から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去のACLにおけるJリーグ勢のGL成績と最高順位

グループリーグ 決勝トーナメント
2003年 3位1チーム、4位1チーム GL敗退
2004年 2位2チーム GL敗退
2005年 2位1チーム、3位1チーム GL敗退
2006年 2位1チーム、3位1チーム GL敗退
2007年 1位2チーム 優勝(浦和レッズ)
2008年 1位2チーム 優勝(ガンバ大阪)
2009年 1位3チーム、2位1チーム ベスト4
2010年 1位1チーム、2位1チーム、3位2チーム ベスト16
2011年 1位1チーム、2位3チーム ベスト8
2012年 2位3チーム、4位1チーム ベスト16
2013年 1位1チーム、3位1チーム、4位2チーム ベスト4
2014年 2位3チーム、4位1チーム ベスト16
2015年 1位2チーム、4位2チーム ベスト4
2016年 2位2チーム、3位1チーム、4位1チーム ベスト16
2017年 1位3チーム、4位1チーム

 

過去の成績と照らし合せるとベスト4以上は堅いか

と、まあ大体以上のような結果となっています。

これを見る限りでは、グループリーグを1位で複数チームが突破した年は必ずベスト4以上にはなっているので今年もそれくらいは期待できそうです。

しかし今年は例年以上に中国チームも躍進していますし、今年以上に好成績だった2009年もベスト4止まりだったので優勝となるとそう簡単にはいかないでしょう。

それに何が起こるかわからないのがサッカー。こう言っては身も蓋もないですがデータ通りにいくものでもありません。
それでもグループリーグではここ数年例にないくらいいい結果を出しているのも事実なので、是非ともJクラブには優勝目指して頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク